国家資格を持った夫婦で開業している静岡市駿河区の治療院です。
  • 054-349-6781
 ホーム > 春通信
鍼灸治療について
 
鍼灸治療について

鍼灸治療について

寒暖差疲労に気をつけて!
寒暖差疲労に気をつけて!

昨日、今日との気温の差が激しくて本当に身体が付いていくのに必死じゃないと病気になってしまいそうですね。

この寒暖差による身体への影響ってすごいものらしいです。
あの暑さから涼しくなって身体が楽になるのかなって思いがちですが朝からだるかったりおもーく感じたり・・・
これを寒暖差疲労ということを知りました。

寒暖差が激しいと自律神経の乱れが起こったり、気温差に身体が対応しようとして必要以上にエネルギーを消耗してしまう。
自分が思っている以上に疲れてしまっているそうです。
疲れが蓄積すると冷えの進行が早い・・・
冷えの症状が悪化しすやすくなる。

寒暖差疲労からくるのは冷えだけではなく、肩こり、めまい、顔のほてり、食欲不振など。

とにかく、本格的に寒くなる前にこの寒暖差疲労の対策をしたいものです。


●対策
 ◎身体を外から温めること。
   お風呂に入る、カイロを貼る、ヒートテックを着る。

 ◎ちょっと汗が出るくらいの運動をする。
   ストレッチ、ウォーキングなど

 ◎温かいものを食べる。

 ◎マッサージ、鍼灸治療 

春治療院では寒暖差疲労の治療も致します。

ラインからの予約も出来ますのでお気軽にどうぞ♪

LINEで送る
風邪対策
風邪対策

こんにちは。

10月に入ったと思ったら急に寒くなり衣類や寝具の切り替えが大変です。
ちょうど良い季節の秋が短くなってしまった最近は衣替えがドタバタですね。

私の住んでいる静岡市内は秋晴れの清々しい空がなかなか現れず、毛布やお布団も干したいけど干せない・・・
そんな中、昨晩も寒くて風邪を引きそうだったので1枚余分に着て寝ました。
とにかく薄着で寝るのは風邪の引き金になりますのでまだ夏のパジャマで寝ている人、タオルケットで寝ている人、今夜からはどうぞ温かくしてお休み下さい。


そして、すでになんか風邪っぽいなぁとか、喉が変とか、背中がぞくぞくするとかの症状が出てしまっている人はすぐに首の後ろにカイロを貼ってくださいね。
写真のように首の後ろ、背中の一番上の所に風を通さないツボがあります。
ここを温める事で風邪対策になりますので今すぐにお貼り下さい。

あとは、今まで暑くて首周りをすっきりさせていたと思いますがこれからは首周りをなるべく隠して襟のある洋服を着たりスカーフを巻いたりすることが大事になります。

風邪の初期ならお灸治療も良いので治療院での治療もおすすめです。

LINEで送る
お尻のトリガーポイントとは?
お尻のトリガーポイントとは?

お尻のトリガーポイントを探せ】
日曜日の朝のテレビ番組でやってました。
お尻の筋肉をしっかり使って歩いていると腰痛も軽減されるし、見た目も美しい形のお尻になる。
お尻の筋肉を使って歩くには大股歩行がいいらしいです。
そうするとお尻全体の筋肉を使い、自然に手も振って歩く様になるそうです。
早速、大股歩きを実践して美尻を目指したいものです。

そして、腰痛との関係ですが、腰痛の原因がお尻のこりから来ている事が大いにあります。
お尻のトリガーポイントを探しだし、痛みがある筋肉をほぐし、鍼治療をする事で腰痛の緩和につながります。

テレビでは、大殿筋、梨状筋、中殿筋をおもにほぐしてました。
人によって痛みのある筋肉は違ってきますからプロの先生にしっかりトリガーポイントを探してもらうのが良いと思います。
トリガーポイントがわかればセルフで出来るほぐし方、ストレッチを指導してもらうのも良いですね。

LINEで送る
顔の疲れを取る
顔の疲れを取る


残暑がきつい8月後半になりましたね。
お盆の頃は涼しくてこのまま秋になってしまうのかと思わせるほど心地よかったのに、この1週間は猛暑ですね。
さすがにこの気温の差に身体もくたくたの人が多くなってきたように思います。
軽い熱中症気味の人、とにかく疲れてる人、だるくてだるくてなんとか仕事に行っている人、朝起きるのに辛い人、どれかに当てはまってませんか?

こんな症状があるひとはとにかくしっかり疲れを取ましょう。
マッサージ、鍼灸、お風呂がおすすめです。

それでも顔は疲れが取れない・・・
やっぱり顔の疲れは人様からもわかってしまうので何とかしたいという人が多いですね。

こんな時は美容鍼がよいお仕事してくれます。
即効性があり、すぐに元気な顔が取り戻せます。
ハリツヤが出て、お目目もパッチリ! リフトアップの効果がすぐに実感出来ます。

猛暑の疲れは身体の疲れと一緒に顔の疲れも取りましょう!!

LINEで送る
お灸について
お灸について

梅雨明けもした日本全国、一気に真夏ですね。
猛暑続きで皆さんのお身体も悲鳴を上げているのでは・・・

こう暑いとエアコンなしでは生活できないし、それだからといって1日中エアコンの中にいればいたで身体が冷えてしまって調子が悪くなるしで、本当にいやな季節ですよね。

それでも8月、9月まで暑い日が続くのでなんとか乗り切らなければいきません。

朝起きた時から身体が重たい、疲れが取れないという症状が出ている人にはお灸の治療をお勧めします。

身体を使うお仕事の人は冷たい飲み物を取りすぎて胃が冷えたり、1日中エアコンの中でお仕事しいてる人は身体全体が冷え切ってしまったりで血行が悪くなってしまっています。


なんとなく調子が悪い
病院に行くほどではない。
風邪を引きやすくなっている
免疫が落ちいてる感じがする
などなど・・・

こんな症状には自然治癒力を高めるお灸がおすすめです。


生理痛
頭痛
浮腫
便秘
だるい
こんな症状がひどくなっている人は手足は冷えてないけど身体の芯が冷えていることが有ります。

血行を改善する効果があるお灸は病気の予防をするためにも優れています。

最近のお灸は温灸といい直接肌にもぐさをのせてやりません。
(直接もぐさをのせてやる方法もあります)
皮膚に後も残りませんし、やけどもしません。

温灸をやられている患者さんに感想を聞くとちょっとの時間熱いけど、終わった後が気持ちがよいし、お風呂に入った様に身体がポカポカしてくると言う方が多くいます。

そして、ほとんどの方が一度やってみると次回もやってほしいとおっしゃいます。
冬の寒い時はもちろんですが、この暑い夏も多くの方がお灸を好まれます。

★この夏の夏ばて予防としてもお灸はおすすめします。

LINEで送る
鍼灸のおかけです。
鍼灸のおかけです。


久しぶりの投稿になりました。ついついさぼり癖が・・・スミマセン。

今日は先日患者さんから頂いたうれしい言葉。

1年と3ヶ月ほど前から通ってくださっている患者さんからの言葉です。
持病もある30代の女性の患者さんですが、お仕事と家庭との両立で日々忙しく生活しているのですが、飲んでいるお薬の関係とかでなかなかすっきりした日がなく、腰痛、頭痛、吐き気に悩まされていたそうです。
春治療院に通うまでは一度整体みたいなところでマッサージをしたら次の日に動けなくなってしまい、それからは怖くてマッサージにもいけず痛み止めと湿布でなんとか日々を過ごしていたということです。
そんなところ同じ職場の人から鍼灸が良いよ♪と進められて紹介で私の所に来てくださいました。
始めはマッサージのトラウマからそーとやって欲しいと言われ私もかなり優しいマッサージを施しました。
回数を重ねていくうちにマッサージの気持ちよさがわかってきてもう少し強くても大丈夫と言うまでになりました。
鍼治療は始めからなじんでいて患者さんには合っていたようです。
途中からお灸もすすめ今では鍼灸とも大のお気に入りになりました。
そして、先日、1年以上通わせてもらっているが最近は治療を始める前より自分が健康になってきた気がすると、元気になっている感じがすると言ってくださいました。
いつも、彼女は「疲れてて死にそう~」なんて言いながら来院してきますが帰る時には「あ~すっきりした!」と笑顔で帰って行きます。

その笑顔だけでも十分うれしいのですが、改めて患者さんからのうれしい報告があると本当にこのお仕事に携わってきて良かったと思うのです。

鍼灸、マッサージ師としてこれからも精進したいと思います

LINEで送る
美容鍼のうれしい報告②
美容鍼のうれしい報告②

こんにちは。

前回の瞼の筋肉に張りが出て眼瞼下垂が解消されたという報告に続き続々と患者さんからはうれしい報告をいただいてます。


今日の報告は51歳女性。
仕事の関係で1日の睡眠時間が2.3時間と言う彼女はとにかく顔に疲れが出てしまい目の下のクマ、ほうれい線が気になっていた患者さんです。

治療は身体のメンテと一緒に1週間に1度。
美容鍼は去年の4月末から始めました。

ただいま約10ヶ月がたち、目の下のクマもほうれい線もほぼ解消。
ご本人がいうのには身体は疲れているのに顔に疲れがでてない・・・だそうです。

あまりお化粧もしないこちらの患者さんは年齢よりきれいなお肌になっているのは間違いないと思います。

気にしていたクマとほうれい線が解消されたということで気持ちも明るくなったと喜んでくれています。

全体的に肌がきれいになっていると言う事は、顔全体の肌の新陳代謝がよくなり血行が良くなっているという事です。

美容鍼の効果、お肌の張りつや、血行がよくなる〓クマもほうれい線がきえる、目がパッチリする、リフトアップすることで小顔になる・・・・

良い事ばかりですね。

ただし、こうした報告をしてくれる患者さんはほとんどが1週間に一度の美容鍼をやられている人です。

なかなか時間もお金も続かないという方が多いと思いますが、目的がはっきりしていれば集中的に行うことで結果がついてきます。
お肌でお悩みの有る方は是非おすすめです。

1回の施術 2000円。
 全身治療とのセットならば1500円でOKです。

◎写真の女性は初めて美容鍼をやった方です。
 こちらの体験談は後日。。。
 
 うれしい報告③で。

LINEで送る
美容鍼のうれしい報告①
美容鍼のうれしい報告①

美容鍼を昨年の7月より始めている71歳の女性からうれしい報告をいただきました。

昨年の7月、8月は週に2回、9月から現在までは週に1回の全身治療+美容鍼をやられています。
この患者さんはとにかく眼瞼下垂と涙袋をなんとかしたいということで全身治療にプラスして美容鍼を始めました。

昨年の11月頃からは眼瞼下垂もかなり改善されてきていて目が大きくなったように思ってました。
そのことは本人もそのころから実感してました。

そして、1月中旬に患者さんからまつげを見てほしいと言われ横から見てみるとまつげが上を向いてました。

患者さんいわく、眼瞼下垂の時はまつげが下を向いててこんな風に上を向いていた事は一度も無いそうです。
顔を洗った時に自分で気がついたそうですが本当にビューラーでカールしたかの用に上に向いてびっくりしたそうです。

そして、私に確認を求めた訳で・・・

確かに上を向いてました。
それも自然にカールしてるように・・・
こんなに成果が出ると本当にうれしいですね。

あとは涙袋。

今月からはここを集中して鍼をして患者さんに満足していただける様に施術をしたいと思っています。


美容鍼は即効性も有りますがなかなか持続しません。
持続させるには週に1度くらいやらないとここまでの成果は出てこないと思いますが、あきらめずに続けることが大事なんだと思います。


次回はほうれい線にいつての報告です。

LINEで送る
寝る時の風邪対策
寝る時の風邪対策

11月もいよいよ今日で終わりとなりました。
明日からいわゆる師走。。。
本格的な冬もやってきますね。

前回は風邪の対策として背中にカイロを貼って風の道をふさぎましょうとお知らせしました。
特に寒くなるこれからは毎日貼って出かけるのも良いと思います。
ただし、見えるところだとちょっと恥ずかしいので一番上の洋服ではなくてその下のシャツなどに貼るのがお勧めです。
襟の有る洋服の襟のすぐ下に貼るのが良いです。



そして、今日は寝る時の風対策として首にタオルを巻いて寝るということです。
タオルはなるべく薄手の柔らかいものがおすすめです。

タオルが取れてしまうって心配の方は輪ゴムでしっかりと留めておくといいですね。

※カイロは寝る時は低温やけどのおそれがあるのでやらない方が良いです。


是非、今夜からお試しださい!!






















LINEで送る
急な寒さ対策
急な寒さ対策

ご無沙汰してました。

つい最近、友人から指摘されてしまいました。
春治療院からの発信がないと・・・

いろんな情報を待っているのに何もないじゃないかと言われ、ついつい明日にしようという怠け癖がついてしまい皆さんのお役に立てる様な情報を怠ってしまっていたことに申し訳なく思っている次第です。

こらからはしっかりと何か少しでもお役に立てる様情報発信に努めたいと思います。


そこで、今日は急に寒くなった昨日、都心では雪が降り、静岡県でも御殿場がかなり雪が積もっていましたね。

予報が出ていたので皆さんもそれなりに冬支度をしていたと思いますが、それでも昨日の冷え込みには身体もびっくりしたことでしょう。

とにかくこんな時にまず気をつけなければならないことは風邪をひかないこと。
それだけは本当に避けたいですよね。


東洋医学では身体が風邪を引く時に身体に進入する入り口があると言われています。
風の道があるのです。

まず背中の風門(ふうもん)というツボから身体に入りその後、首の風池(ふうち)というツボにたまり、最後は後頭部の風府(ふうふ)というツボに集まる。

この3つのツボが【風邪の3大特効ツボ】といいいます。


なんとなく寒いな!とかぞくぞくするな!と思ったらまずは風門付近にホッカイロを貼りましょう。
風の通る道をふさぐ事が大事です。


そして、少し手遅れであってもしっかり風門を温め、風地、風府に刺激をする事で風邪の諸症状を和らげてくれます。

風地、風府に関しては指圧、鍼治療が効果があります。


これからが本格的な冬になります。
今日はポカポカとして昨日の寒さが嘘のようですが、油断せずに風の通り道を塞いで風邪に掛からないよう気をつけてください。

LINEで送る
夏ばてしてませんか?
夏ばてしてませんか?

久しぶりの投稿になってしまいました。

夏ばてしてませんか?と問いただしましたが私自身も夏ばて気味ですね。
なんとなく疲れっぽいし、やる気がおこらない・・・
と言っても食欲は有るしお酒も飲める。笑

ただの怠け者になっているのかも。

しかし、この暑さの中でのお仕事は疲れも倍になりますね。
お風呂にしっかり入り食事にも気をつけたり寝不足にならないようにエアコンは28度で朝までつけていたりとそれなりには気をつけています。
もちろん、治療もしてもらっています。(主人にしてもらったり友達の治療院へ行ったり)

だから、夏風邪にも掛からずお仕事も休まずとりあえずは元気に過ごせているのでしょう。

治療する側が体調が優れないのはNGですからね。
自分自身が元気でないと弱った患者さんを治療できませんから・・・
お任せ下さいね。


前置きが長くなりましたが、夏ばてについて・・・

簡単に言ってしまうと自律神経のバランスの乱れが夏ばてです。

自律神経とは、無意識で行われている体内の機能(循環、呼吸、消化、発汗、体温調節など)を制御しています。
暑ければ汗をかいて血管を広げて体温を逃がそうとするのが自律神経の働き。
それが様々の原因でバランスを崩してしまうのが夏ばて症状になります。

ストレス、冷房による冷え、暑さで寝れない夜になり寝不足も原因の1つ。


対策としては、冷えなら冷やさない様な服装をしたり、寝やすくするための寝具、栄養のある食事などいろいろありますが、一度バランスを崩した身体には即効性のあるマッサージ、お灸の治療をお勧めします。

特に私自身もやっているお灸はすぐに身体も楽になり夏ばて症状がとれすっきりします。
夏に熱いお灸をやるの?と思うかもしれませんが冷房で冷えた身体には気持ちよく感じるのです。

バランスを崩した身体にはリラックスしたマッサージ、お灸治療をすることで筋肉がゆるみ血液の循環がよくなり、その結果自律神経のバランスが整ってくるのです。

ぜひ、マッサージとお灸でツボを刺激して夏ばてを改善しましょう!!

熱いというより心地よさが味わえますよ。

LINEで送る
東洋医学も力になります。
東洋医学も力になります。

最近、難病の患者さんの来院が多いような感じがします。
難病と呼ばれる特定疾患は様々。。。
その都度 対応が大変ですが患者さんが少しでも痛みやつらさから逃れられるように精一杯の治療をしていきたいと思います。
東洋医学のマッサージ、鍼灸治療がお役に立てると信じています。

実際に身体が軽くなったとか、痛みが軽減したとか気持ちも楽になったとか・・・
そんな声を患者さんからいただいております。

LINEで送る
頭痛持ちの方にはお勧め。
頭痛持ちの方にはお勧め。

この時期になると頭痛持ちの患者さんが増えます。
気圧の変化や梅雨入りと関係しているのでしょうね。

頭が痛い・・・数日続きひどくなると吐き気を伴う方もいらっしゃいます。
まずは鎮痛剤の薬を飲む方が多いですが、数日飲んでも利かないと言って駆け込んできます。


こういった患者さんはほとんどの方が肩こり、首こりがひどくなっています。
そして、頭全体のこりも・・・


こりのある所の緊張をじっくりほぐしてあげて、鍼治療をするとほとんどの方が治療が終わる頃には頭の痛みは取れ、すっきりされています。

鍼治療を初めてする方にも初心者向けのかなり細い鍼をつかい痛みを最大限に少なくして治療します。
ここで緊張してしまうと治療の意味がなくなってしまうので。

目的はいかに身体全体をリラックスさせてあげることにあるので、特に痛みのある場合はそれ以上の痛みを与えない様に・・・
気持ちのよい治療が大事です。

鍼が怖いと思っている患者さんには会話をしている間にさらっと施術してしまう場合もあります。
「今から鍼をしますよ~」というだけで身体が緊張してしまう方もいらっしゃるので。


とにかく、頭痛がある時には鍼治療の即効性が一番わかるときです。

ぜひぜひ、この時期に頭が痛くて薬も効かない、薬は飲みたくないと思っている方はお試し下さい。


昨日もお仕事終わりにいらした患者さんは、とってもすっきりしたお顔で帰られていきました。
「来て良かった。我慢してなくて本当に良かったよ」と言って笑顔で言ってくれたのがうれしかったです。

LINEで送る
美容鍼やってみませんか?
美容鍼やってみませんか?

最近、女性なら一度は耳にした事があると思う【美容鍼】
興味はあるけど痛そうって言う方が多いのが現実。

鍼といっても皆さんが想像している注射のハリとは全然違うのが特にこの美容鍼。
通常、身体に施術する鍼もかなり細くて肌に進入する時はあまり痛みも感じないのですが、美容鍼として顔に施術する鍼は更に細く、毛髪や蚊の口先とほぼ変わらない太さなんです。

そして、施術する時の技術でほとんど痛みが無く美容鍼を受ける事ができます。
痛そうでやってみたいけどやれないと躊躇している方はまずは体験してもらいたいと願います。

初めて施術を体験した方はほとんどの方がリピーターとなっています。
それは痛みも感じなかった、効果があったと言う事だと思っています。


そんなに良い美容鍼の効果はいったいどんなもの?
鍼をする事により、皮膚の血行が促進され血色が良くなります。
それはお顔全体の新陳代謝がよくなりその結果小じわ、くすみ、引き締め効果が現れると言う事なんです。

鍼は副作用がなく大変優れている美容法だといえます。
鍼治療は、身体が元々持っている自然治癒力や免疫力、再生力を高める効果があるのは証明されています。
薬や科学の力を借りずに肌に張りや輝きを保たせるなんてこんなに素晴らしいことはないと思っています。


春治療院の患者さんでも実際にいろいろな改善がみられています。
◎しわの改善
◎デドックス効果
◎くすみ、目のクマの改善
◎たるみの改善

個人差はありますが、1回の施術でリフトアップの効果が出る人は多くいます。
ただ、持続性はないので2.3日で戻るようです。

持続効果を期待するならば、1週間に1度の施術を5.6回以上受けていただければ持続効果は高まっていきます。


春治療院では多くの人に経験をしていただきたいと願い、1回の施術を2000円で行っています。
できれば身体の治療も一緒に受けられると更に効果が出るので、全身治療+美容鍼5000円をおすすめします。

LINEで送る
寒暖差について。

すっかりご無沙汰してましたm(__)m

5月も後半になり、そろそろ梅雨入りの予報も出てきて憂鬱な時期がやってくるとは・・・・
月日が経つのは早いものです。


さて、最近の気温ですが、寒暖差が大きいと思いませんか?
この時期、去年はどうだったのか?と考えても思い出されないですが、とにかく朝晩と昼間の気温の差が違い過ぎるから、身体が大変なんです。

私自身もそう思いますが、患者さんも口々におっしゃってます。

寒暖差アレルギーになっている方も多いようです。
気温の変化が早くて大きいと発症するそうです。

気温の急激な差に弱い自律神経の誤作動によるものがアレルギーとして出てくるみたいです。

症状は鼻水、くしゃみと花粉症のような症状にせき、頭痛、情緒不安定、熱は出ません。


こんな症状に思い当たる方はいませんか?


こんな時こそ、免疫力アップが大事なんです。
身体がまだ冬から脱出してないので、やはり冷やすのはだめですね。
免疫力をアップするのには、とにかく身体を温めて血流を良くする事です。


そこで、おすすめが温灸です。
最近は若い方にも人気のあるお灸。

お灸を毎日することにより、白血球が増え、免疫力が上がるのです。

お灸の原料に使われているもぐさはヨモギが成分となってます。
そのヨモギには鎮痛、鎮静、殺菌効果があります。
そして、リラックス効果。

お灸はツボにすえる事で素晴らしい効果があらわれ、この時期の寒暖差にも負けることなく生活できる治療法です。

自宅で簡単にすえることもできますのでぜひ一度灸師にツボの指導をしてもらってお試し下さい。

写真は合谷(ごうこく)ツボ
身体の上半身に関わりのあるつぼです。
目、歯、首、肩の凝り、大腸にも関係する大切なツボです。
温灸は身体にあとも残らず、心地よい熱さです。


寒暖差について。
LINEで送る
実験、美容鍼 
実験、美容鍼 

季節の変わり目、女性のみなさんはやはりお肌が気になっているようですね。

美容鍼への問い合わせも多くなりました。

身体の鍼治療と同じようになかなか1回では劇的な変化は望めませんがお顔に鍼治療をすることでお顔の血流がよくなり元気な肌つやになります。

私が経験してまずはっきりわかったのは引き締め効果。
そしてリフトアップです。

今日はビフォー&アフターで写真をお見せしようと思ってましたが、写真の写りがいまいちでしっかりした写真を撮れるまでもうしばらくお待ち下さい。

顔半分の美容鍼をしてみました。
実験、続行中です。


患者さんに実験は行いませんが、美容鍼をやってみたいという方は是非ご連絡下さい。

1回2000円(鍼は20本から25本使います。)

LINEで送る
免疫力アップについて。
免疫力アップについて。

ご無沙汰してました。
2月もあと1週間となりましたね。
寒さが一段落したと思えば、インフルエンザがはやってきたり、花粉症がいよいよ本格化したりとこれからの季節もまだまだ気の抜けない日々です。


そこでインフルエンザ、花粉症に立ち向かうためにはまずは自己の免疫力をアップさせるのが一番ですよね。
もうみなさんも耳にたこができるくらいに聞いてはいると思いますが・・・
免疫力ってなんぞや?

免疫力とは身体を守る防御機能のことなんです。
免疫力がしっかりとしていれば病気を未然に防いでくれるのです。

では、免疫力アップするのにはどうしたらよいの?
いろいろあります。

良い睡眠をとること。
身体を動かすこと。
笑うこと。
バランス良い食事をすること。などなど・・・

そして、ツボ療法があります。

今回は2つ紹介しますので是非お試し下さいね。

①中かん
 おへそとみずおちの中間

②足三里
 膝のお皿の下から指4本下にさがったところ

ここのツボを指圧してください。

どちらも胃腸に関係のあるツボですが、ここを刺激することにより腸内環境がよくなり免疫力がアップします。
もちろん鍼・灸も良いです。

インフルエンザ、花粉症に負けない身体づくりをしてこの時期を乗り切りましょう。

LINEで送る
毎月8日.9日ははり・きゅうり日だそうです。
毎月8日.9日ははり・きゅうり日だそうです。

公益社団法人 日本鍼灸師会からこんなポスターが送られてきました。

誰が決めたのか? 
毎月8日と9日ははり・きゅうの日だそうですよ。

【健康寿命をのばそうが!】がスローガン!!

副作用のないはり・きゅうは素晴らしいと思っています。
ポスターのように歴史が物語っています。

是非、まだはり・きゅう未経験の方こんなポスターを見かけたら1度体験してみてください。


    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇
先日もご紹介でいらした患者さんはとにかく注射とかは大嫌い・・・
でも紹介されたお友達に【はり】はすごくよかったと言われおそるおそるやることに。
ところが【はり】をやった瞬間から『あ~こんな感じなんですね。気持ちがいいです!』と、その時の頭痛、吐き気が帰る頃らにはすっかりとれていてすっかり【はり】の虜になったようでした。
持病をお持ちのこの患者さんはお薬をいろいろ飲んでいるのであまりほかのお薬は飲みたくないということなので【はり】が具合の悪くなったときに有効だと知れたことに大変喜んでいられました。


とにかく体験してしてみなくては何も始まらないです。
何をしてもすっきりしない苦痛が解消できないとお悩みの方におすすめですよ。

LINEで送る
今年もトリガーポイント治療で・・・
今年もトリガーポイント治療で・・・

トリガーポイントの事がまたテレビで取り上げられてました。

医者がやるトリガーポイントの鍼治療がテレビで映ってましたけど、あの鍼治療はちょっと痛い感じがしましたね。


まずはトリガーポイントとは何?

いろんな理由で筋肉が痛みを感じると思いますが、その筋肉の痛みには特長があるのです。

主に痛みを感じる場所はいわゆる【症状】のこと。
そして、痛みの発生場所が【原因】になります。

すなわち、自分が痛みを感じる場所と痛みの原因の場所が一致しないと言うことなんです。

トリガーポイントは痛みの〔発生場所〕になります。
痛みを感じているところは関連痛。

その原因となる発生場所を探し当て鍼治療をすることで痛みが改善される訳です。

自分で思っている場所とは違う場所が実は原因になっている・・・
なかなか自分では探し当てられないのです。

私のところでは筋肉の状態をさぐり関連痛からトリガーポイントを探し治療を行います。
鍼は、はじめの方用に鍼の中では一番細いものから、鍼を経験している方用にあらゆる太さの鍼を用意してひとりひとりにあった鍼治療を行っています。

そして、なによりなるべく痛くない鍼治療を目指してやってます。


ちょっと話がずれましたが、トリガーポイント治療で何が良くなるのか?
・副交感神経のアップ
・血流が良くなる
・筋肉がゆるむ
・脳から痛みを抑制する物質が出てくるので痛みを和らげる


ではなぜ人はトリガーポイントができるのか?
・過度な仕事やスポーツ
・長時間同じ体制
・反復動作
・ストレス
・自律神経の乱れ
・怪我や手術 など・・・


こんなとこで身体のどこかに痛みがある人、痛いところが本当に悪いところなのか?
あなたのトリガーポイントを見つけてみては・・・

LINEで送る
新年明けましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。

大変遅くなりましたが、今年も宜しくお願い致します。

2016年、春治療院は昨日5日から開始しました。


今年も皆様の健康のお役に立てるよう真心こめて施術させていただきます。
そして、今年の私の目標はまだ鍼、灸を体験されていない方々に痛くない、怖くない鍼灸を広めて行きたいと思っていますので、未体験の方は是非すばらしい鍼灸治療を体験してみて下さい。

初めて体験されると本当にこんなにすばらしいものが世の中にあったとはとみなさん驚かれます。
もっと早く体験しておけば良かったと・・・言う方も多くいらっしゃいます。
健康を考えるなら今年はチャレンジしてみるのも良いですよ。


なにより健康が一番!!!
健康を維持して皆様が笑顔の一年になりますよう願っています。

LINEで送る
冬到来!!!
冬到来!!!

11月は例年になく暖かくて過ごしやすかったといえば過ごしやすい月でした。
あまりにも暖かい日が続いたせいでなかなか冬支度もする気になれず、衣類も中途半端でしたが、さすがに11月も終わりに近づいてきたらぐっと寒くなりましたね。
(あわてて、ヒートテックやダウン出しました)

静岡地方も今朝はこの冬一番の寒さだったそうです。
雪が降らない静岡市内ですが、今朝は我が家もファンヒーターを出しました。
テレビでは大雪の札幌の様子が・・・
いよいよ本格的な冬到来だと感じた朝でした。


最近の患者さんですが、やはり季節がら冷えて悪くしてくる人が多くいるように思えます。
腰痛にしても肩こりにしても、急に冷えると一気に症状が悪化してしまう傾向があり、そのことに気がつかない方がいらっしゃいます。

ぎっくり腰の手前、頭痛になる手前、手足がしびれる感じと最悪の状態ではないけれどいつもと違う。。。
そんなことを訴えて来院する患者さんが多い11月でした。

患者さんひとりひとりがそれぞれの原因はありますが、特に急性疾患でなければ温める治療で改善ができてます。

鍼治療との併用がほとんどですが、お灸治療だけでも大丈夫です。

あとは患者さんに毎日使える温Qジェルをおすすめしてます。
お灸と同じ成分ヨモギエキス配合で数時間ポカポカとしているのでこれからの時期は活躍してくれる商品です。

自宅でのお灸が難しい人や腰など自分でお灸ができない部位には最適です。
寝るときにジェルを塗って寝るとポカポカしてとっても寝やすくなります。

身体を温めるということは血流もよくなり代謝もなくなるのでぜひぜひこれからの時期はご自分にあった温めグッズを利用して今年の冬を乗り切りましょう!!

LINEで送る
美容鍼の効果
美容鍼の効果

今話題の美容鍼。
女性なら誰でも興味があるはず・・・

美容界、芸能界、モデル業界ではかなりはやっているらしいです。


効果はズバリ、リフトアップですね!!
そして、引き締め効果もありますから=小顔効果!!

顔の新陳代謝が良くなることによって肌つやも出てきますし、良いことづくめですね。


施術の写真を見ると鍼が顔に刺さっていて痛そうですが、鍼も0.10という一番細い鍼を使用していてほとんど痛みは感じません。
ただ、さらなるリフトアップを求めると鍼に電気を通す通電治療を行うと多少の痛みは発生しますが苦痛があるということではありません。
痛いと眉間にしわがよったりしますからそれはかえってマイナスになってしまいますからね。

私自身も施術をしてますが(主人にやってもらっています)痛みがあるのは一瞬で、通電中は心地よい感じがします。

美容鍼が終わった後は顔がほてる感じがあり、引き締まった実感がすぐにわかります。

もちろん、1度の施術ではなかなか結果はでませんが、何事も治療と同じで継続が大事ですね。


まずはお試しでやってみたいという方には1回1000円でやっています。

そして、本格的にやられる方には1回2000円で。
全身治療と一緒に受けられる方には1回1500円でやっています。


常に美を求めているあなた、ぜひお試し下さい。

LINEで送る
鍼治療を拒否していた患者さんのその後。。。
鍼治療を拒否していた患者さんのその後。。。

4月2日に『鍼の苦手な患者様』というタイトルで60代の患者さんのことを書きました。
その患者さんも70歳になり、2週間に一度もしくは1週間に一度のペースで治療にいらっしゃってます。

運動は良くやっている患者さんで、毎朝近くの山に登り、夜はウォーキング、ストレッチなどいろいろやっているのですが、なんでもやりすぎの傾向があるようで歩きすぎてはアキレス腱を痛めたり、お掃除のやりすぎで肩を痛めたり・・・

4月まではマッサージだけで良いと言うことでずーとその治療方法でした。
ところが肩の痛みがあまり良くなかったので置き鍼をしたところ、患者さん本人もびっくりするくらい良くなり、それからの治療ではほとんど置き鍼をしていました。

そして、次の段階で温灸治療をしてみましょうと進めてみました。
これもまた気持ちが良くて後が良いと感じたようです。

そして、そして、この温灸治療と併用して鍼治療もすることに・・・
なにげなく鍼治療を試みるとあんなに拒否していた人とは思えないほどすんなり受け入れてくださり、抵抗もなく治療できました。

患者さんも今では鍼も灸もいやではないと言ってます。
それよりか後がよくなるので進んでやりたいみたいです。

徐々に鍼灸治療をしていった効果があり、これでまた一人鍼灸のファンを増やすことができたようです。

ただし、この患者さんに関しては良くなるとすぐにまた無理して使い悪くしてくるのでなかなか完治とまではいかないようです。
本人いわく、年寄りだから仕方ないと言ってますが・・・笑

◆置き鍼のことを画鋲をさされたと大騒ぎしていたあの患者さんの事です。

LINEで送る
座骨神経痛になったら
座骨神経痛になったら

8月20日にもなると猛暑のような暑さからは解放されて来ましたね。
じーとしてても汗が出ることもだいぶ少なくなりました。
蝉の合唱も気にならなくなってきました。
夕方の風が少し気持ちがよいとおもうようになりました。

そして、寝るときのクーラーもちょっと寒いなんて感じ、今まで蹴飛ばしていたお布団をかけて寝ていたり・・・

そう、こんな時が身体に危険が迫っているんです。

今日いらした患者さんもまだ短めのパジャマのズボンで寝ているそうです。
そして、足が冷たくなっていると・・・
足はつり、夕方になると足がだるくなるそうです。

気温が徐々に下がってくるこの時期は身体が少しずつ冷えてきています。
それなのに、裸足だっり、薄着だったりでは慢性的に腰痛持ちの人は座骨神経痛の症状が現れてしまいます。
神経痛は寒さと湿気を好みます。

臀部から大腿後面にかけて痛みが出てきたら座骨神経痛を疑ってください。

西洋医学的な治療ではお薬、理学療法、ブロック注射、ひどくなれば手術になりますが、初期の症状であれば鍼灸治療で十分対処できます。


腰部、臀部から大腿にかけて硬くなってしまった筋肉をほぐし、そして鍼治療で刺激をします。
そして、なにより芯から冷えてしまった幹部をお灸治療で温めます。

最後に座骨神経のストレッチの指導をします。
治療後からあとは毎日のストレッチを欠かさずやっていれば数回の治療で座骨神経痛はかなり改善されるでしょう。


この時期についついお尻をとんとんとたたきたくなる人は鍼灸治療をおすすめします。
症状がひどくなる前に来院してくださいね。

LINEで送る
美容鍼 ★ フェイシャルのつぼ
美容鍼 ★ フェイシャルのつぼ

腰の治療でいらっしゃってる患者さんが、お顔のたるみが気になるお年頃(50代前半)美容鍼をお試ししたいと言うことで要望がありましたので、〈ラインでお友達〉でゲットした1000円クーポンを利用していただき、体験していただきました。

鍼は、0.1ミリのお顔専用の美容鍼を使用して全部で10本使いました。
ほとんど痛みはなく、この患者さんに関しては、眉毛付近とおでこ部分がくすぐったいと言ってたくらいでした。

この状態で、やく7分休んでいただきその後、鍼を取りました。

患者さんの感想は、鍼をさした時はほとんど感じなかったけど、しばらくそのままでいたらジワーとしてきて刺激されている感じがした。と言う事でした。

フェイシャルのつぼを刺激して肌に緊張感を与え、張りを出す。
1度では劇的な変化はありませんが、治療と同じで繰り返し施術することで変化が出てきます。

今後も続けてやっていきたいと言ってますので、その後のお肌の変化をお楽しみにしててください。

LINEで送る
鍼灸治療⑨美容お灸とは。

しばらくぶりの鍼灸についての投稿になりました。
あまりにもの暑さで世間では熱中症にならないためにいろいろな対策が行われている中、熱いお灸の話題ですみません。

数年前から愛用しているネット販売の化粧品の会社からメールが届きました。
ドクターが作っているという基礎化粧品の会社ですが、社員の若い女性からでした。

リフトアップに興味があり、お灸で顔のリフトーアップができるという事を知り、治療に行って来たということでした。

私が23年前に鍼灸治療院を始めた頃は美容鍼とか美容お灸なんて言葉はありませんでした。
最近はエステと併用でやっている鍼灸師の方も増えているそうです。
美顔マッサージは私もやってた時期がありますが、鍼やお灸までもが美容の対象になるとは思ってもみませんでした。

もちろん、効果はありますしあえて美容鍼、お灸と言わないだけで、同じ事を今までもやっているのですが・・・

最近は若い女性をターゲットにした新しい言い方として美容鍼、美容お灸と言う訳です。


そして、リフトアップが本当にお灸でできるのか?
と言うことですが、顔のたるみを改善するためには、顔にお灸をすると言うことではなくて、顔に関連する手足のつぼを刺激して顔をきゅっと引き締めましょうってことなんです。

血行がよくなれば肌の新陳代謝もよくなり、たるみにくい肌が作られる。
特に、顔につながりのある経絡上にあるつぼが手足に多くあることでそこにお灸をして気の流れをよくしまょうということです。

セルフお灸というものも若い女性には魅力らしいですね。

お灸といっても実際に治療院で使っているのは温灸、火ぶくれの心配もないし、自分で簡単にできるところ。
煙が出るので換気扇のあるところでやれば部屋にこもることもないですから・・・

お灸は基本は1日1回やるのがいいので、治療院でつぼをしっかり教わりセルフお灸はおすすめです。

女性にとっては顔のリフトアップは永遠のテーマ。
美容お灸、美容鍼とともに試してみる価値は多いにありです。

春治療院でもセルフケアのお手伝いをさせていただいてます。

鍼灸治療⑨美容お灸とは。
LINEで送る
鍼治療⑧トリガーポイントの鍼治療
鍼治療⑧トリガーポイントの鍼治療

最近のテレビでトリガーポイントの治療についてやっていました。

聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、トリガーポイントについて簡単に説明します。 『トリガー』は引き金と言う意味。 その引き金になる『点』という意味です。 痛みの引き金になっている筋肉硬縮部位のことになります。 そのトリガーポイントに鍼治療が大変有効であるという医者の意見でした。
テレビでは、医者が行う鍼治療でしたが、私たち東洋医学の鍼師の鍼と同じだという事でした。 患者さんが痛みを訴えている部分とトリガーポイントの場所が違うことが多いのは、引き金になっている点がその関連のある部分に痛みが発生させるからだと言われます。 そして、そのトリガーポイントに鍼治療をすることにより、副交感神経をアップさせたり、筋肉をゆるめたりして、血流をよくし患者さんが訴えている部分の痛みを緩和させることができるのです。
東洋医学には経絡治療とか、脈鍼治療とかもありますが、トリガーポイントへの鍼治療ももちろんします。 マッサージ師の私は患者さんの体をほぐしながらトリガーポイントを探します。 そして、鍼治療します。 トリガーポイントという言葉を知らない時からやっている治療です。

筋肉に疲れがたまると筋肉が硬くなり、その中にトリガーポイントができます。 それが痛みゃしびれを引き起こすのです。

最後に、トリガーポイントは何故できるのか?
●長時間の同じ姿勢
●過激な仕事やスポーツ
●ストレス
●怪我など

思い当たる方は是非トリガーポイントを探しに治療にいらしてください。

LINEで送る
鍼灸治療⑦花粉症治療

とうとう今年もこの季節がやってきました。

私自身も数十年前に発症してからかなり苦しんだ時期もありましたが、ここ最近はあまりひどくもならず過ごしてきました。ところが今年はちょっと花粉が多そうですね。またまた昔に苦しんだような症状が出てしまってます。花粉症で苦しんでいるひとは本当に年々増えてきていますね。

患者さんの中でも大勢いらっしゃいます。重症の人は早くから薬を飲んだりしてますが、それでも花粉が多く飛散する日に鼻をずるずるしてます。基本的には、体質改善が一番良いのかと思いますが、これもまた時間がかかることでなかなかすぐにとは行かない。とにかく、鼻が詰まった、鼻水が止まらない、目がかゆい、そんな症状をすぐにでも止めたい・・・

『花粉症は、鍼灸で治りますか?』とよく聞かれます。

体質改善としてはとても良いと思いますが、2.3度治療して治すのは無理です。それこそ根気強くこの時期が終わっても治療を続ければ効果は期待出来ると思います。それでも、今すぐ何とかしたいという方、是非覚えておいてください。

・迎香(げいこう) 小鼻の両脇
・晴明(せいめい) 内目尻と鼻の根元の中間のくぼみ
・百会(ひゃくえい) 頭のてっぺん
・飛陽(ひよう) 足の外側のくるぶしと膝のほぼ真ん中

これらは、鼻水、鼻づまりに効果があるツボです。顔のツボは人差し指で、足のツボは親指で押してみましょう。

・大椎(だいつい) 首の後ろの根元

ここのツボはアレルギー体質の人が強い痛みを感じるところ、指先でゆっくり痛みが和らぐまでほぐしましょう。4月一杯までなんとか乗り切ることが出来ますよに願います。

鍼灸治療⑦花粉症治療
LINEで送る
鍼灸治療⑥温灸について
鍼灸治療⑥温灸について

寒い時期にはぴったりの治療方法として温灸治療があります。お灸の効果としては、身体を暖め免疫力を上げる効果があります。お灸の熱の刺激がツボから経絡という道を通して、全身に波及していくのです。その刺激が全身に届くと気持ちよく身体がゆるみ、リラックス効果になります。

患者さんが温灸をしたあとよく言う言葉に

「いつまでもお風呂に入っている感じがする」とか
「身体の芯が暖まった感じがしてほんわかする」と言います。

まさしく、リラックス効果がありですね。お灸は艾(もぐさ)でやるのですが、艾はヨモギの葉を乾燥させて精製させたもので出来ています。艾には解毒・健胃・利尿などに効くの薬効成分が含まれていて、灸治療をすることにより身体の調子を整えることができます。

お灸治療には、代謝・免疫機能の向上、冷え性、月経不良、不妊治療などに効果があることは昔から知られています。そして、なんといっても副作用がほとんどないのが一番。現代医療との併用も可能なんです。(実際、婦人科では併用して治療を行っている病院もあります)

鍼灸治療は一般的には予防治療に最適だと言われています。悪くなってからやるのではなく、日々身体の調子を整えるためにやっているのが理想です。予防のために温灸治療をやっていると冬は風邪を引きにくくなる。夏は夏ばてをしなくなる。免疫力を上げて病気の予防をしましょう。

昔はお灸は艾をそのまま身体の上に置き火をつけてやりましたが、最近では温灸といって間接的に艾の熱さを肌に伝える方法でやることが多くなりました。もちろん、肌の1センチほどの上で艾を燃やしているので熱さはあります。ただ、火ぶくれややけどの心配はありません。肌に温灸の後もほとんど残りません。

お灸治療を経験したことがない人にも是非ためして頂きたいです。ただし、鍼灸師のもとでしっかりやってくださいね。そして、灸師のアドバイスがあれば自宅でも出来るようになります。ご自分の身体はしっかり自分で守りましょう。

LINEで送る
鍼灸治療⑤肝臓機能アップ↑

12月に入り、なにかとせわしない日々をお過ごしだと思いますが、この時期で一番気になるのが肝臓ではないでしょうか?(お酒を飲まない方にとっては関係のないことかもしれませんが、ご家族に飲み助がいたら是非参考にしてくださいね)

そこで、マッサージ・鍼灸治療で肝臓機能をアップするツボと方法をお教えします。いくつかありますが、今回は代表的なツボを2つを覚えておいてください。

まずは1つ目。
◆太衝(たいしょう)
足のツボです。肝臓が疲れていると、ここを押したりすると痛みがあります。左右のツボを押したり、鍼灸することで肝機能を高めるのでこの時期は特に念入りにお風呂とかに入っているときに指圧しましょう。

ツボの位置は、足の親指と人差し指の骨の間をすーと指で滑らせて一番へこんだところがツボになります。

そして、2つ目。
◆老宮(ろうきゅう)
手のツボです。全身の機能アップのツボでもありますが、やはりここの肝機能アップになるツボです。
手をギュっと握ることでもツボの指圧になるので気が付いたらやりましょう。

ツボの位置は、手をギュと握ったときに中指が当たるところがツボになります。手のひらの真ん中付近です。

これからのツボ刺激で二日酔いの予防にもなるので早速今日からやってみましょう!!
ただし、いくら肝臓機能がアップしたからといっても飲み過ぎには注意してくださいね。
肝臓にも限界がありますから・・・

鍼灸治療⑤肝臓機能アップ↑
LINEで送る
鍼灸治療④東洋医学的な風邪予防とは。
鍼灸治療④東洋医学的な風邪予防とは。

11月に入り、だいぶ寒くなってきましたね。それでも、日中はまだ暖かい日もあり、油断すると風邪引きそうな日々。患者さんの中にも風邪引きさんが多くなりました。

そこで、風邪予防のツボのお話です。

東洋医学では、風の邪気が身体に入り、風邪を引き起こすと言われています。よく風邪の引きはじめに背中がぞくってするという事を言いますね。それは背中にあるツボから風の邪気が入ってきたことになります。そのツボは風門と書いてふうもんと呼びます。

まさしく、風の門なんです。ここから風の邪気が入り、風邪の症状を引き起こすんです。
症状は特に風邪症状、肩こり、頭痛など・・・思い当たる人も多いと思います。

そこで風の邪気の進入を防く効果がある風門のツボを刺激をして風邪の予防をしましょうってことになります。もちろん、治療院では風門に灸治療をしたり、鍼治療をしたりしますが、簡単に家庭で出来る方法があります。ツボの位置にカイロを貼ることでかなりの予防効果が期待できるのです。そして、風邪の初期なら灸治療で治ってしまうこともあります。

寒いところへお出かけする時、なんとなく風邪引きそうだなって思ったりしたときに是非カイロを貼ってお出かけください。

ご自分で風門のツボを見つけるのには、首を下に曲げて首の後ろに出っ張る骨の下、そこから出っ張った骨2つ下の両側、指2本ほど外側にあります。

LINEで送る
鍼灸治療③東洋医学で不妊治療 不妊治療も出来ます。
鍼灸治療③東洋医学で不妊治療 不妊治療も出来ます。

開業当時から行っている治療の一つで不妊治療があります。

子供が欲しくてもなかなか出来にくいとまずは病院へ行って相談します。病院ではいろいろなホルモン治療や体外受精などもありますが、やはりいろいろなリスクもあるそうです。

開業当初、まだ結婚して間もない患者さんから流産してしまい精神的にも落ち込んでしまい、身体が不調だという相談を受けました。彼女はまだ20代でもちろん子供は産みたい・・・ドクターには今はちょっと無理かもしれないといわれたそうです。

肩こり、腰痛などの治療をしながら、それじゃあ不妊治療もしてみようか!と私から提案して週一回の治療の時に不妊治療も取り入れました。もちろん、肩こり、腰痛治療も不妊治療に大いに関係あり、別のものではありませんので、不妊治療に効果のあるツボを取りながら鍼・灸治療をしていきました。

2.3ヶ月たったころ、妊娠しました!ってうれしい報告があり、ご本人も当然ですが私もうれしかった事を今でもよく覚えています。もちろん、その後も治療を続け、元気な赤ちゃんを出産しました。その後、翌年にも子供さんが授かり二人の子供さんのお母さんになったのです。

私のところでは不妊治療専門の治療院ではありませんが、女性の患者さんが多いので、不妊治療に付随した治療を行います。たとえば、冷え性、寝込むほどの生理痛など・・・こういった治療を行うことにより、女性は妊娠しやすい身体をつくることが出来ます。

東洋医学では、鍼・灸治療、そして、リラックスした身体をつくるための優しいマッサージ、身体を芯から暖める治療、こういった事を効果のあるツボを探しながら一人一人の患者さんに合った方法で成果を上げています。

20年間の間には何度かこういう患者さんに巡り会いました。そして、今はどちらかと言うと高齢出産の方の治療が多くなりました。40歳を過ぎるとどうしても妊娠する率が下がり、良い結果がなかなか得られませんが、それでも、頑張って挑戦している患者さんには精一杯の応援治療をさせていただいてます。とにかく、体質改善を第一に考え患者さんの笑顔が見られるように少しでもお手伝いが出来ればと私も頑張ります。

東洋治療は、お薬とかと違い心と体にリスクはありません。病院に通いながら是非お試しください。

LINEで送る
鍼灸治療②美容鍼(お顔の鍼治療)
鍼灸治療②美容鍼(お顔の鍼治療)

最近雑誌とかテレビとかでよく取り上げられている美容鍼について。

女性で顔の悩みと言うと、むくみ・ほうれい線・張り・つや・しわ・できものなどでしょうか?こんな症状を鍼治療で改善しましょうってことです。

鍼治療の場合、かなりダイレクトに顔の筋肉を刺激し、リンパ、血液の流れをよくします。従って、素早く新陳代謝がよくなり、お顔の肌のリフトアップ効果がわかり、特にむくみの症状などは改善が早いです。

ほうれい線、できものの症状などは何度か繰り返し行うことで効果はあらわれてきます。しかし、鍼治療の良いことがわかっても患者さんは顔に鍼をするのは痛いのではないかと思うのではないでしょうか。

身体にする鍼と同様、イメージは痛い・・・これに関しては信頼のおける治療師さんにお任せすれば大丈夫です。私たちは基本なるべく痛みのない方法で鍼治療を行っています。そして、顔にする鍼に関しては世界で一番細い鍼を使用しています。0.1㎜の鍼です。お顔、肌にお悩みのある方、是非一度おためしください。

LINEで送る
鍼灸治療①冷えと夏ばて

7.8月の暑さが年々増している日本の夏ですが、暑い分、オフィスやデパート、スーパーなどのクーラーがとってもよく効いてますね。一時的に入った場合はスーとして気持ちが良いですが、一日中その場所でお仕事をしている人にとってはなかなか厳しい状況だと思います。

特に女性にとっては冷えが大敵。冷えからくる様々な症状が出てきます。肩こり、首こり、腰痛、そこから引き起こされる頭痛、便秘、むくみなどいろいろ。。。全身の倦怠感なども引き起こします。

治療院では、こんな冷えの症状には鍼・灸治療をおすすめします。

鍼治療は、血液循環が滞った場所(ツボ)に鍼をして、刺激を与えます。灸治療は、冷えた場所(ツボ)に温灸を置き、ツボの深い部分まで暖めていきます。鍼・灸とともに治療した直後に身体がぽかぽかしてきてじわーと汗が出てくる人もいます。患者さんの中にはお風呂に入っているようだと言う方もいます。

こういた治療を繰り返しすることにより、弱っていた部分が丈夫になってきます。身体が芯から暖まることにより、全身の血液循環がよくなり『こり』も解消され、胃腸も元気になります。今日は胃腸のツボで体表的な足の三里への鍼・灸治療をしてみました。冷たいものを食べたり飲んだりはあまりよくありませんが、また美味しいビールが飲めますように・・・笑

①足の三里に鍼をします。
②膝外側のくぼみ指4本下にあります。
③鍼の横に温灸をします。
④上に出ている温灸に火をつけます。
⑤煙が出なくなり、筒の部分が熱くなくなったら終わりです。

鍼灸治療①冷えと夏ばて
LINEで送る
 

ページの先頭へ